来光皮膜工業所

黒染 パーカライジング 黒色酸化皮膜 愛知県 名古屋市 表面処理 求人

金属表面処理は来光皮膜工業所にお任せ下さい
HOME >  企業情報  > 来光皮膜工業所の歴史
  • 来光皮膜工業所の歴史

    来光皮膜工業所の設立から現在に至るまでの、歴史をわかりやすくご紹介していきます。
    今後共に、株式会社来光皮膜工業所をよろしくお願い申し上げます。

  • 昭和38年 4月1日

    名古屋市北区にて家内工業として発足
    黒染処理を始める

  • 昭和44年 4月1日

    北区中味鋺(現在地)にて株式会社来光皮膜工業所として発足
    新工場建設

  • 昭和55年

    工場増築拡張・新工場にて黒染槽、中部地区最大容量のタンクを保有 4m
    同年、リン酸皮膜を始める

  • 平成元年

    リン酸マンガン皮膜処理を始める

  • 平成3年

    中部地区初 鋳物黒染、スーパーブラック処理開始

  • 平成6年

    リン酸マンガン処理槽拡張 2500mmまで対応可能になる

  • 平成19年

    工場の耐震工事を行いました。

  • 平成21年

    真鍮黒染め始めました。

  • 平成21年

    銅の黒染め剤の自社開発に成功。銅の黒染めが可能になりました。

  • 平成25年

    愛知県西春日井郡豊山町に本社工場移転。

  • 平成25年

    リン酸マンガン槽拡張 4000mmまで対応可能になる。

  • 平成25年

    黒染槽拡張 4300mmまで対応可能になる。

3種類の金属表面処理加工を専門としています

  • 寸法精度を下げず黒光沢を出したい方へ

    皮膜はおよそ1μ前後と薄く、黒染
    処理後も寸法精度を下げずに黒光沢
    を出すことができます。

  • 製品の回転部分や摺動部の焼付けを抑えたい方へ

    表面の粒子が荒いため回転・摺動す
    る部分の潤滑を助け、焼付けやカジ
    リ等の現象を抑制します。

  • 鋳物を真っ黒に皮膜処理したい方へ

    鋳物黒染とも呼ばれます。名古屋で
    スーパーブラックを扱っている企業
    は来光皮膜工業所だけです!